トヨタ車の中古車検索

車両によって一台一台状態や価格のことなる中古車ですが、それでもある程度の”相場”というのは存在します。
中古車市場での人気度やグレードなどで価格に差がある場合もありますし、実際には数件程度のお店で数台の車両を見ただけではわかりにくいので、全国的に多くの車両を比較できる中古車検索サイトの利用をおすすめします。


トヨタ中古車在庫情報-CarSensor全国の中古車販売店の在庫状況価格情報を調べれば各車の相場が分かります。
Goo-netの中古車検索 中古車登録台数 国内最大級の30万台 在庫から簡単検索 欲しいクルマがきっと見つかる。
トヨタ中古車在庫一覧-Gulliver日本全国から毎日入荷されるトヨタ 中古車在庫情報

ミニバン

アイシス
アルファードトヨタの最高級3列シートワゴン。アルファードGとアルファードVの違いは販売チャンネル(トヨペットorネッツトヨタ)による。
イプサム初代イプサムでは5ナンバーサイズだった車体は3ナンバーとなり一回り大きくなったので、居住性やラゲッジスペースが拡大された。
ヴェルファイアその高級車は、強い。ただ在るだけで、すべてを圧倒する。気高い姿に潜んでいるのは、かつてない強さ。それは、本能が察知する絶対価値。誇りと呼ばれるもの。
ヴォクシーヴォクシーはノアの兄弟車で直線を基調とした箱型のデザインが特徴。
エスティマオプションのイージークローザー機能付き左右両開きスライドドアなどもあって、仕様もさまざまなのでまずは仕様と装備をチェック。
WISH(ウィッシュ)5ナンバーの小型サイズに3列シートを搭載、全高が低めで乗用車に近い感覚のコンパクトミニバン。
シエンタ5ナンバーサイズの7人乗りコンパクトミニバンで両側スライドドアを装備する。
ノアリア両側にスライドシートを備えた5ナンバーサイズの3列シートミニバンでヴォクシーとは兄弟車となる。

コンパクトカー/スモールカー

iQ巻き貝や波紋などを基に造られた数理モデルを用い、自然界の造形美を活かした線や面を内外装デザインに採用
ヴィッツ初代は3ドアもあったが2代目からは5ドアのみになった。1.5L&1.3L&1.0Lのエンジンがある。
ist(イスト)ヴィッツなどの車体を流用したクルマで小型SUVとして使える勝手のよさで発売当初1ヶ月で4.2万台を受注した大ヒット作。
パッソパッソはトヨタとダイハツが共同開発した実用性重視のスモールカー。
パッソセッテ「広くて、使いやすい、7シーター スタイリッシュ コンパクト」をテーマに、扱いやすいサイズのボディに、“5人がゆったり、7人がしっかり乗れる広い室内空間”と“女性にうれしい快適・運転サポート装備”を凝縮。
ベルタ上質な美しさを求めて、内外装のデザインにしっかりと磨きをかけました。みんなにやさしいトヨタ最小セダン、ベルタのクオリティを、あなたの毎日に。
ポルテ新しい生活のドアを開けよう。ポルテに乗ると、いままでの何気ない日常風景が、ちょっと素敵に変化します。

セダン

アベンシスセダンアベンシスは高級セダンに分類されているが、「ヨーロピアンな味」に魅力を感じたクルマ好き(走り好き)が乗っている場合もあるので、エンジンやサスペンションなど足まわりにも注意してチェック。
アリオンカリーナの後継モデルで2001年12月に発売が開始された。後席が広くリクライニング機構を備えており、また折りたたみ機構によりワゴン車並みの積載スペースを持っているセダン。
カムリアメリカ向けモデルと共通の車体となりやや大きめのサイズのファミリーセダンとなった。
カローラ
カローラアクシオ「安心」、「信頼」といったクラウン伝統の資質を受け継ぎながら、先進の技術を積極的に取り入れ、世界基準の性能を確保しつつ、日本人の感性と調和する魅力を備えた高級セダンを目指して開発。
クラウンアスリート
クラウンマジェスタMAJESTAの走りを心から愉しむために、いっさいの妥協を排し最上のクオリティを追求。ひたすらにその完成度を高めました。TOYOTAのフラッグシップカーとして、今、新しいステージヘ走り出します。
クラウンロイヤル12代目クラウンは標準仕様の「ロイヤル」とスポーティな「アスリート」豪華使用の「マジェスタ」に分かれている。
プレミオアリオンとは兄弟車となりスポーティなアリオンに対して落ち着いた雰囲気の内外装が特徴のプレミオという位置づけになる。
マークXトヨタが誇るベストセラー「マークⅡ」の後継車で車名も含めてすべてを一新した高級セダン。

SUV・クロカン

ヴァンガード「Active & Luxury」をテーマに、ゆとりの動力性能や優れた操縦性・走行安定性が生み出す卓越した走行性能と、アーバンシーンに映える上質な内外装スタイルを兼ね備えた、乗る人々のライフスタイルをより豊かに演出する高級ミディアムSUV。
ハイラックスサーフ伝統的なクロスカントリー車のフレーム構造を備えたSUVではあるが、多くの車両は一般乗用車のように使用されている。
ハリアー2代目ハリアー.。上級グレードは高級指向が強く、アルカンターラバージョンは特にそうの傾向にあり丁寧に扱われている車両が多い。
ランドクルーザー「The King of 4WD」をテーマに、プラットフォームやサスペンションの一新、V8・4.7L VVT-iエンジンの搭載、走行性能を高める新技術の導入などにより、伝統の耐久性・信頼性・悪路走破性など、高い基本性能を一層進化させている。
ランドクルーザープラド3代目プラドはプラットフォームをハイラックスサーフと共用。居住性や乗降性がアップしている。
RAV42代目RAV4は都会はSUVという位置づけで、「L」と「J」の違いは販売チャンネルの違いのよる。
ラッシュコンパクトカーとSUV、どちらの良いところも手に入れた。力強くも美しい造形、基本性能の高さ、オフロードへはばたく潜在力。街から郊外へ、アクティブからリラックスへ、もっと自由に、フレキシブルに。

ハイブリッド

エスティマハイブリッドエスティマハイブリッドの革新に終着点はありません。「世界最高の環境性能」と「走りの気持ちよさ」を追求したハイブリッド・シナジー・ドライブのコンセプトに基づき、THSIIへと進化したハイブリッドシステム。時代に先駆けるメカニズムと新しい発想を全身に凝縮した、新次元のミニバンとして生まれ変わりました。
クラウンハイブリッドクラウンハイブリッドがめざしたのは、高級車の未来に夢と希望を見いだしつづけてきた“クラウン・ブランド”としての責任を果たすこと。つまり、走る歓びを犠牲にすることなく、環境にやさしく、さらに安全で快適なクルマになることです。
ハリアーハイブリッドそのクルマはまだ誰も味わったことのない凄さを見せつける。かつてないステータス、ハリアーハイブリッド。今ここに新しい世界が拓かれる。
プリウス2代目プリウスは先代よりもモーターの出力を約1.5倍に高め、出力向上した1.5Lエンジンと組み合わせている。

トールワゴン

ハイエース

ステーションワゴン

アベンシスワゴンヨーロッパ向けで新車価格が高めなこともあり、ユーザーにはクルマ好きが多いので車体周りは後部を中心に入念にチェックしよう。
カローラフィールダー1.8L・190馬力のエンジンを搭載しているスポーティなステーションワゴン。
マークXジオ上質で高級感のあるスタイルの中に、「4+Free(フォー・プラス・フリー)」というコンセプトのもと、大人4人がゆったりとくつろげる「独立4座」と、使用シーンに応じて自在に変化させることができる「自由空間」を備えた新しい室内を創造。

2BOX/ハッチバック

オーリス「直感性能」を開発テーマに、見た瞬間、乗った瞬間、そして走り出した瞬間に、オーリスの魅力のすべてが実感できる際立つ個性と、優れた走行性能を備え、これまでのコンパクトカーの概念を超えることを目指した。
カローラルミオン水平・垂直基調の箱型シルエットと、ユニークでシンプルな内外装デザインにより、個性を際立たせるとともに、様々な用途に使えるゆとりのある室内は、高いベルトラインにより、心地よい包まれ感を演出している。
ブレイド、「洒落た大人の高級ハッチバック」を開発テーマに、扱いやすいサイズのボディと、見る人を一目で惹きつける先進的なデザイン、上級セダンに匹敵する充実の安全・快適装備、ゆとりの走行性能により、乗る人のプライドを満たし、遊び心もくすぐる、新たな魅力を備えたクルマを目指した。
bB初代bBはヴィッツのプラットフォームを利用して、20代独身男性をメインターゲットに開発
ラウム2代目ラウムは「人にやさしく、使いやすい」ことにこだわり開発されたクルマ。
ラクティスファンカーゴの後継車として発売されたラクティスは、ヴィッツをベースに開発された背の高い実用的なコンパクトカー。

Copyright (C) NCP , All rights reserved.